2009年02月20日

福澤諭吉展

image/kirakiratushin-2009-02-20T09:49:57-1.JPG

明治を読むからには「福沢諭吉」を、知らなくては・・・上野に行って来た。

諭吉、3回、海外に行っていた。2回、咸臨丸と遣欧使節だけかと思っていた。 ぴかぴか(新しい)船ぴかぴか(新しい)

子供にも、当然、留学させている。見聞を広める、明治時代も現代も変わらない。大事!

諭吉、写真に撮られることが好きだったんだ。

多くの写真が残っていた。夫婦、家族の写真が良かった。

諭吉さん、4男5女の子持、女性の味方、子煩悩というのが、いいね!

彼が持ち帰ったお洒落なベビーカーが、目を引いた。

一昨年、諭吉の娘婿、福沢桃介をレポートに書いたが、桃介さんも展示されていた。

桃介さん、この家族の一員になるのは、重かったかなあ。

ニックネーム bigmam at 09:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画漬け

image/kirakiratushin-2009-02-20T09:49:13-1.JPG

立て続けに、映画です。 揺れるハート映画揺れるハート

三島で「チェ 39歳の別れ」、沼津で「マンマ・ミーア」、

そして昨日は銀座で「そして、私たちは愛に帰る」。

「マンマ・ミーア」はエーゲ海を見るだけのつもりだった。

でも、観たらとっても楽しくて、元気になった。

3人のオバサンがすごくエネルギシュで、私まで弾けた。

「そして・・・」は、ドイツとトルコが舞台。

ドイツとトルコ、父と息子、母と娘の対立と和解。暗い映画じゃないよ。

ブレーメンとイスタンブールのロケが良かったな。映画は外で撮らなくちゃ!

中だるみはあったけれど、ラストシーン(海辺、固定カメラで数分間、波だけが動く)は最高だったね!

ニックネーム bigmam at 09:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする